GAMEBOY DATABASE
攻めCOMダンジョン ドルルルアーガ
Seme COM Dungeon Drururuaga
screenshot screenshot screenshot
Publisher: ナムコ (Namco) Developer: 空想科学 (Kuusou Kagaku) Release: 2000.12.15 DMG-P-BV6J
プレイヤーと敵がそれぞれ自分のダンジョンを持ち、相手のダンジョンに乗り込んで敵のジュエルを先に奪った方が勝ちとなるロールプレイングゲーム。 戦闘で使うモンスターやアイテムはカードとして扱われ、使用するカードをデッキとして編集するカードゲーム要素も取り入れられている。 ゲームの世界は「ドルアーガの塔」の100年後という設定だが、ゲームデザインは遠藤雅伸ではなく、ファミスタで知られる岸本好弘。 キャラクターデザイン及びパッケージやマニュアルの漫画は金澤尚子が担当。通信ケーブルによる対戦やカード交換にも対応。 またカラー専用ではなくモノクロにも対応している。
操作方法
十字キーカーソルの移動
メニューの選択
キャラクターの移動
セレクトボタン全体マップ表示 (押すごとに自分と相手側を切り替え)
スタートボタンメッセージのスキップ
押しながら十字キーで斜め移動
Aボタンメニューの決定
プレイ設定の変更
攻撃
Bボタンメニューのキャンセル
押しながら十字キーで方向転換
押しながらAボタンでその場待機
ゲーム開始
この「ドルルルアーガ」は、敵の陣地に乗り込み、ジュエルを奪い取るというゲームです。 プレイヤーにも守るべきジュエルがあり、敵もそれを狙っているので、武器や防具、クリーチャーなどのカードを駆使して戦い、 いち早く敵のジュエルを奪い取りましょう。先に相手のジュエルを奪うと勝利となり、次のステージへと進みます。 タイトル画面でスタートボタンを押すと、メニューが表示されます。
NEW GAMEゲームを最初から始めます
LOAD GAMEセーブしたデータから再開します
CONTINUE中断データから再開します
VS MODE通信ケーブルを使って対戦します
TRADE通信ケーブルでカードを交換します
OPTIONおまけを見ることができます
LOAD GAME、VS MODE、TRADEはセーブデータが存在するときのみ表示されます。 このゲームでは保存できるセーブデータは1つしかなく、セーブデータがある状態で新しくゲームを開始するには、 以前のデータを消去することになります。 CONTINUEは中断データがあるときのみ表示されます。 中断データは戦闘時のメニューで「ちゅうだん」を選択した際にできるデータです。 中断機能は、戦闘中にプレイヤーがゲームを離れなければならなくなったときのための、一時的なセーブです。 このデータはCONTINUE後に自動的に破棄されます。 また、中断データがある状態で、LOAD GAME、VS MODE、TRADEを選択しても中断データは消去されますので注意してください。 NEW GAMEを選択すると名前の入力、信じる神様の選択、キャラクターカラーの選択を行います。 選択する神様によって初期デッキが異なります。 このゲームでは装備品や召喚できるクリーチャーなどがカードとして表されます。 これらカードのうち戦闘に使用するものをプレイヤーが選択します。選択されたカードの束が「デッキ」です。
VSモード
対戦プレイを行うには通信ケーブルを繋いでからタイトル画面の「VS MODE」を選択してください。 準備ができたら、Aボタンを押して先に進んで下さい。このとき先に選んだ側を親機、後に選んだ方を子機とします。 次にルールを決めます。親機の画面にルール画面が表示されるので、カードを賭けるかどうかを選択してください。 カードを賭けると、現在使用中のデッキの中からランダムで賭けカードが選ばれます。 対戦ステージは、1Pプレイでプレイヤーがいるダンジョンが使われます。使用するデッキも同様です。 なおVS MODEでは全体マップで相手ボスの位置は表示されないので注意してください。 また「ちゅうだん」を行うこともできません。戦闘をやめるときは「ギブアップ」することになります。 通信対戦ではターン制が少し異なります。 相手のボスが同じルームにいるときは通常のターン制ですが、 いないときは「ほかのルームに移動」「カギを拾う」以外の行動は、相手の行動を待たずにすべて自由にできます。 ゆっくりプレイしていると「相手はもうジュエルルームに!」なんてことにもなりかねないので、注意しましょう。
トレード
カード交換を行うには通信ケーブルを繋いでからタイトル画面の「TRADE」を選択してください。 準備ができたら、Aボタンを押して先に進んで下さい。このとき先に選んだ側を親機、後に選んだ方を子機とします。 親機の側で、カードをあげるのか、もらうのかを選択します。 あげるを選択すると親機の側に、もらうを選択すると子機の側にカードリストが表示されます。 あげるカードを選択し終わったら、Bボタンを押してください。確認画面で送るカードを確認します。 最後に「そうしんスタート」を選択することでカードを送ります。 トレードを止めたいときは、決定の前にBボタンを押し、「トレードをやめる」を選んでください。 送るカードがデッキに組み込まれていると、そのデッキは使えなくなってしまうこともあるので注意してください。