screenshot
screenshot
screenshot
バーチャルボウリング
Virtual Bowling
Publisher: Athena Release: 1995.12.22
目の幅調整
電源を入れると目の幅調整画面が表示されます。 プレイヤーの右目と左目の幅にバーチャルボーイ内部の表示装置を合わせる調整です。 画面4すみのマークが見えるように、バーチャルボーイ本体の「目の幅調整ダイアル」を回してください。 4つのマーク全てが見えない場合もありますが、3つ見えていればゲームに支障はありません。 調整が終わったらスタートボタンを押してください。
オートマティックポーズ
バーチャルボーイ専用カートリッジには、プレイヤーの目の健康を守るため、 適度な時間でゲームを自動的に休止する「オートマティックポーズ機能」があります。 目の幅調整を終えた後、オートマティックポーズ機能の有無を設定します。 L十字キー左右で、ON / OFFを選択し、スタートボタンで決定します。 バーチャルボウリングは、電源を入れた後、20分おきに、オートマティックポーズ機能が働き、 ポーズ状態となります。適度な休憩をとり、目や体を休めてください。スタートボタンを押すとゲームを再開できます。
モード選択
タイトル画面が表示されたら、スタンダードモード、トーナメントモード、トレーニングモードのいずれかを選択します。 スタンダードモードは、10フレーム全21投球の中でどれだけ高得点を出せるかに挑戦するモードです。 トーナメントモードは、4つの試合場で4人のライバルと競い合うモードです。 各試合場でプレイヤーを含めた5人でハイスコアを競います。 トータル点数がトップで勝ちあがると次の試合会場へ進むことができます。 どんなに点数が高くても2位以下では次に進めません。 4試合ともトップで勝ち抜くとトーナメント・マスターとなり、モードクリアとなります。 トレーニングモードはプレイヤーが好きなようにピンを配置することができる、練習用のモードです。 スタンダードモード、トーナメントモードの場合は、プレイヤー名を登録することができます。 ゲーム前にいくつかの設定を変更できます。 設定が決まったらスタートボタンでゲーム開始です。 TYPE
プレイヤータイプの設定です。POW パワータイプ NOR ノーマルタイプ TEC テクニックタイプ
HAND
プレイヤーの利き腕の設定です。LEFT 左利き RIGHT 右利き 左利きだと、右方向のスピンがかかりやすく、左方向のスピンがかかりにくくなります。右利きはその逆です。
WEIGHT
使用するボールの重さを決めます。6ポンドから16ポンドまであります。 重いボールはパワーがあり、軽いボールは変化がかけやすい利点があります。
WAX
レーンのワックスを調整できます。ワックスが利いていると変化がかかりにくくなります。 ワックスなし、手前半分にワックス、全体にワックスの3パターンを選べます。ただしトーナメントモードでは設定できません。
BGM
BGMの有無を設定します。
投球
L十字キー左右で投球位置を決め、R十字キー左右でピン上に表示される矢印を動かし、狙うピンを決めます。 Aボタンを押すとスピンゲージが表示されます。Aボタンでボールの回転を決定します。 次に投球のパワーとボールを放すタイミングを決定します。 回転の強さを決定後すぐにボールがゲージ内で動き始めます。 ボールがゲージの上にある時にAボタンを押すと強いパワーで投げることができます。 パワー決定後、ボールがゲージ下に降りてきます。Aボタンを押すとボールを放すタイミングが決定されます。 ベストなタイミングはゲージ下に表示されている円にボールが重なる時です。