screenshot
screenshot
screenshot
インスマウスの館
Innsmouth no Yakata
Publisher: I'Max Release: 1995.10.13
SELECT マップ。A+Bボタンを押すと目の幅・ピント調整画面
L十字キー 移動
R十字キー 照準
Lトリガー 弾切れ時、弾丸の装填。PASSWORD画面で入力した文字の削除
Rトリガー 発砲。PASSWORD画面で文字を入力
L+R+A+B+SELECT+START リセット
ダゴンの鍵 各フロアに1つずつあり、出口のドアを開くために必要なアイテム
白オーブ 各フロアに1つずつあり、入手するとマップ全てが見渡せる
黒オーブ 各フロアに1つずつあり、入手するとマップに鍵とアイテムが表示される
ストーリー
1922年…ここはマサチューセッツ州のとある田舎町。 その町はずれに地元の者すら近づかない「死者の森」という森があった。 その森の奥深く、ある「館」に一人の男が入るところからこの物語は始まる。 「やっと…見つけた…。」 男は疲れきった眼差しで一冊の本を見つめていた。 男の職業はしがない探偵だ。ある日、持ち込まれた高額な依頼…。 それはある「館」へ行き、一冊の本を持ち帰る事だった。 今、まさにその仕事は終わろうとしている。 しかし、男は思ってしまったのだ。 高額な報酬を出すとは、いったいどんな本なのだろうと…。 皮表紙についている埃を手で拭い、ギリシア語で書かれた文字を読む。 「ネクロノミコン…!」 そこに書かれた呪文によってもたらされるもの、美・富・名誉…。 それ故に、人々は「死者の書」を手に入れようとする。 まるで、花の蜜に群がる蝶のように…。 「成程、そういう事か…。これは、追加手当を貰わなくちゃな。」 男は好奇心につられて本を開いた。その時、空間が音もなく歪んだ。 歪みは一瞬にも、永遠にもとれるものだった。 男が意識を取り戻したとき「館」の中は一変していた。 回廊はメビウスの輪のように終わりがないように感じられる。 男は出口を求め歩き出した。 その時、この世の物ではない声が「館」の中に響きわたる。 そして奇妙な足音も…。ぺチャ…ぺチャ…ぺチャ…。 足音は近づいてくる。男はリボルバー拳銃を握りしめ、息を潜めた。 そして、男の前方から現れたものは…。「うわあああぁぁぁ…!」 男は絶叫し逃げ出した。暗闇から現れたもの、 それはまさしく暗黒の神話の中で語り継がれている 「インスマウス」そのものだった。 男は恐怖に足をもつれさせながら走り続けた。 しかし、この時男は知らなかったのだ。 この「館」は次元の狭間に存在しているのだという事を…。 そして、この「館」に入ってから始まった治まる気配の無い頭痛の意味と 「インスマウス」に見られてしまった者の末路を…。 そしてまた、わずかに残された「生」への扉を開く事が出来るのは 「ダゴンの鍵」だということも…。