GAMEBOY DATABASE
ゼルダの伝説 夢をみる島DX
Zelda no Densetsu Yume o Miru Shima DX * Legend of Zelda Link's Awakening DX
screenshot screenshot screenshot
Publisher: 任天堂 Release: 1998.12.12 DMG-AZLJ-JPN
1993年に発売された「ゼルダの伝説 夢をみる島」をゲームボーイカラーに対応させたもの。 基本的なゲーム内容は旧版と変わらないが、カラー専用のダンジョンがひとつ追加されている。通常のゲームボーイでも遊べるが、追加ダンジョンには入れない。
プロローグ
邪悪の王ガノンの魔の手からハイラルの平和を取り戻したリンクは、 手に入れた安らぎを楽しむ間もなく、新たな災いにそなえて修行の旅に出ていました。 その日リンクは異国での修行を終え、懐かしいハイラルに帰る航海の途中でした。 それまで穏やかだった海が突然荒れ始めたのです。波に翻弄され、稲妻に打たれた船は真っ二つに割れてしまい、 リンクはその残骸とともに深い海の底へと沈んでしまいました。 …すんだ闇のむこうから女の子の声が聞こえます。 なにか懐かしい感じのする声です。そう、まるでゼルダ姫のような… 「あっ!気がついたのね。よかった!」 目の前にはリンクの目覚めを喜ぶ少女の姿がありました。 彼女の名前はマリン。リンクは奇蹟的にもコホリントという島に流れ着いたのです。 このコホリント島は、真ん中の山に大きなタマゴを頂く不思議な島でした。 その中には「風のさかな」という神が、眠っているといいます。 リンクはなくした剣を探しに自分の流れ着いた海岸へと向かいました。 すると不思議なフクロウが現れ、謎めいた言葉を残していったのです。 「すべて『風のさかな』の目覚めが答えてくれる。」 風のさかなとは何なのでしょう。そしてその目覚めにはどんな意味があるのでしょうか。 見知らぬ南国の島コホリントで、風のさかなをめぐる不思議な冒険が始まろうとしています。
セーブデータ
このゲームは三つのセーブデータを保存できます。 続きから遊ぶ場合は、データを選択しAボタンを押してください。 再開する場所は、最後に入った入口や扉からになります。 最初から遊ぶ場合は、空のデータを選択しAボタンを押してください。 プレイヤーの名前を登録します。方向キーで選択、Aボタンで入力、Bボタンでひとつ前の文字に戻ります。 STARTボタンを押すと登録を完了します。 作成されたデータは「なまえをけす」で消去することができ、「なまえをうつす」でデータをコピーすることができます。 データを消したり、別のデータの上に上書きしたりした場合、元のデータを復活させることはできないので注意してください。 ゲームを中断したい場合は、Aボタン、Bボタン、SELECT、STARTを同時に押すとセーブ画面が開きます。 ゲームオーバーになるとこの画面が表示されます。 「セーブしてつづける」は、死ぬ前に最後に入った建物の入口からゲームを再開します。 ダンジョンで死んだ場合はその入口まで戻されます。 「セーブしておわる」は、いままでの進行状況を保存した上でオープニング画面に戻ります。 ここで保存したデータから再開すれば、「セーブしてつづける」と同様に最後に入った入口からの再開となります。 「セーブしないでつづける」は、セーブデータを上書きせずに、再開します。 以前に保存したデータから再開したい場合は、一度電源を切って、データの選択から始めてください。
画面情報
このゲームはアクションRPGです。 剣を振るい盾で防ぎ、敵を倒しダンジョンの謎を解いていくことでストーリーを進行させます。 レベルの概念はありませんが、特定のアイテムを取得することで体力の最大値が増えていきます。 画面下にはプレイヤーの基本的な情報が常に表示されます。 BボタンとAボタンにはそれぞれ好きなアイテムをセットすることができ、ボタンを押すことでそのアイテムを使用します。 現在セットされているアイテムがB[ ] A[ ]に表示されます。剣や盾の「L-」表記は装備の強さ、レベルを表します。 この表示は現在の所持金を表します。単位はルピー。最大999まで所持できます。 敵を倒したり、草を刈ったりした時に出る 青い宝石がルピーです。これを拾うことで所持金が増えていきます。 ハートは体力を表します。ダメージを受けると徐々に空になっていきます。 全てのハートが空になってしまうとゲームオーバーとなります。 ルピーと同じく、敵を倒した時などに現れる ハートを拾うと、失ったハートを回復できます。 ダンジョンのボスを倒すと 「ハートのうつわ」が手に入ります。 これはハートの最大数を増やす効果があります。 また冒険の途中では 「ハートのかけら」を手に入れることがあります。 これは4つ集めると「ハートのうつわ」となる物です。 ゲーム中、STARTボタンを押すとサブ画面となります。 現在所持している各アイテムが確認でき、A、Bボタンにアイテムをセットすることができます。 ボタンにセットできるアイテムは「セレクトアイテム」と呼ばれ、サブ画面左側に表示されます。 方向キーでアイテムを選択し、セットしたいボタンを押してください。アイテムがセットされます。 右側上段には持っているだけで、必要な時に自動的に使用される「ホールドアイテム」が表示されます。 その下の数字付きの欄は、各ダンジョンクリア時に手に入る「セイレーンの楽器」が表示されます。 サブ画面でSELECTボタンを押し続けると、服の色、ハートのうつわの数、記念写真の数が確認できます。 ダンジョン内ではサブ画面を開くと「セイレーンの楽器」のかわりにダンジョンのマップが表示されます。 ただし、ダンジョン内で マップを手に入れている必要があります。 光点が現在位置、明るい部屋がすでに入った部屋、暗い部屋がまだ入っていない部屋です。 箱はその部屋に宝箱があることを示します。ドクロマークがボスの部屋です。 宝箱とボスの表示は、マップ以外に コンパスを手に入れる必要があります。 ダンジョン内の鍵のかかった扉は、 小さなカギで開き、ボスの部屋は ボスのカギが必要となります。 マップ、コンパス、カギは各ダンジョン専用のものです。別のダンジョンではそれぞれ新たに取得する必要があります。 ゲーム中、SELECTボタンを押すと、コホリント島の全体図が表示されます。 表示されるのは一度でも通った地点だけです。各地点にカーソルを合わせてAボタンを押すと地名が表示されます。 ダンジョン メッセージ 重要な地点 ショップ 「メッセージ」の地点は、そこで重要なメッセージを聞いたことを意味します。 その地点にカーソルを合わせてAボタンを押すと、そこで聞いたメッセージをもう一度表示します。
操作方法
方向キーを押すことで縦横斜めの8方向に移動できます。 段差のあるところで縁に障害がない場合には、そこから下へ飛び降りることができます。 盾をボタンにセットしている時、そのボタンを押し続けると盾をかまえます。 盾をかまえているときは、敵との接触や敵の攻撃に耐えることができます。 ボタンを押し続けながら移動することで、盾をかまえたまま移動することもできます。 敵の中には盾を奪ってしまうものもいます。奪われた場合はショップで購入してください。 障害物の方向に方向キーを入れ続けると「押す」動作となります。 一部の障害物は、押すことで動かすことができます。 押す動作は盾をかまえながらでも行え、 ウニ等、普通に接触するとダメージを受ける物も押せます。 剣をボタンにセットしている時、そのボタンを押すと剣を振るいます。この剣で敵を攻撃します。 剣のボタンを押し続けると、剣をかまえた状態になります。 押し続けながら移動することで、剣をかまえたまま、向きを固定して移動できます。 かまえた剣を敵に当てることでも攻撃できます。 かまえた状態で数秒経つと、剣が光り始めます。この時、剣のボタンを放すと回転斬りが出せます。 通常の攻撃よりも大きなダメージを与えることができます。 剣は敵を倒すだけでなく、草等の一部の障害物も破壊できます。 看板やタンス等調べられる物や、会話の出来る対象の前でAボタンを押すと、「調べる」ことや「会話」ができます。 宝箱は正面から調べないと開けることができません。 地形に空いている穴は、そのまま踏み込むと落ちてしまいダメージを受けます。 穴の先に向かうには、最初のダンジョンで手に入る「ロック鳥の羽根」をボタンにセットし、ジャンプします。 ジャンプ中も、剣で攻撃が可能です。また「ペガサスの靴」で走りながらジャンプするとより遠くに跳べます。 壺や岩を持ち上げるには、 2番目のダンジョン「つぼのどうくつ」で手に入るパワーブレスレットが必要です。 パワーブレスレットをボタンにセットし、持ちあげたいものの前でボタンを押し続けます。 すると対象を掴むので、対象の位置と逆方向に方向キーを入れ続けると持ち上げることができます。 持ち上げた後はボタンを放しても待ちあげ続け、そのまま移動もできます。もう一度ボタンを押すと投げます。 同じ操作で、対象によっては「ひっぱる」こともできます。